トマト日記2007年6月〜                              トマトを通して、笑顔をお届けします!  
   日々の出来事を、私の独断と偏見で紹介していきます。   
2007年 3月4月 1月2月
2006年 11月12月 9月10月 7月9月 5月6月 3月4月 1月2月
2005年 11月12月 9月10月 .7月8月 5月6月 3月4月 1月2月
2004年 .9月〜12月
 7月30日  改造です。
 またもや図面を書きまして、部品を作って頂きました。今回は、いつも使っている防除機の使い勝手を少し良くしてやろうと言う改造です。
 ドリルで穴を開け、ねじ穴加工して出来上がった部品を取り付けます。
 ハイ、出来上がり。(^_^)
防除機に、手まき用のドラムを取り付けたってわけ。これで、大きくなったトマトの木にしか使えなかった防除機が、小さな時から使えるように出来ました。(^_^)
 「小さいうちから農薬着けにするのか(▼▼)」って。いえいえ、我家の防除機のほとんどの使用目的は、農薬ではなく、葉面散布用の肥料を施す為なんです。今は光合成を促進させるためと、暑さに負けないようにと、散布するのであります。
 7月24日  久々の晴れ
 梅雨明け宣言と行きたいところなんですが、まだ先のようです。(T_T)
久々に晴れて、夕日でハウスの中がピカピカしていたので、パチリ。
 20日に、ようやくすべての定植を終えました。(^_^) 「楽になっているんじゃないか」って、ハイ、少し楽になりました。でも、夏のトマトって、本当に伸びるのが早いんです。横の写真、大きくしてもらうとわかるんですが、上に誘引用の紐がぶらぶらしています。これが約3500本、これをセットし終えないと、気が抜けないんです。
 ミニトマトなんか、もうこんなに成長しているんですから。誘引準備、急がないとね。 でもこれが終われば誘引作業とホルモン処理が始まり、結局1年中気が抜けないと言うのが本音の所であります。
 毎日トマトに追われながら、元気に仕事が出来る。これもまた、考え様によっては、大変幸せな事なのであります。感謝、感謝・・・

 トマトさん達の為にも、早く梅雨明けしてほしい! でも、明ければ明けたで、暑いって文句言うんでしょうけどね。 人間だもの(^_^) 
 7月18日   ミニ開花
 台風に地震と、大きな災害の報告が出ておりますが、我家の方は、無事暮らしております。

 成長点を摘み取られたトマト達、ごらんの様にワキ芽がきれいにそろって生えてきました。(^_^) ミニトマトの方は、成長点を摘み取っていないので、早くも開花し始めました。今の時期は、25日前後で収穫期を迎えるため、お盆前に収穫できそうです。と言っても、ほんの少しの為、ご仏前にお供え出来る程度でしょうかね。
 「何でトマトによって育て方が違うの?」って言われそうですね。これについては、説明がややこしくなるので経験からと言う事にさせてください。m(__)m 
      後日、違うページにて詳しく説明致しま〜す。

 ちまたでは、長雨日照不足の影響で野菜の生長に影響が出始めているようです。我家のトマト達も少々遅れ気味みたいですが、おおむね順調に推移しています。今後の天候の回復に期待したい所です。
 7月10日   半分、定植終了
 7月2日にお見せした苗を、どうにか定植を済ませ、開いた所に又次の苗を植え替えている所です。でもこの定植した苗、何だか変だぞって、お気づきの方は、プロであります。
        正解は、写真をクリックしてみて下さい。
 実は新しい試みとして、苗の成長点を摘み取ってあります。6月14日に7月6日までに定植を済ませなければ、とお伝えしたのに、終わったのは、9日。定植を遅れさせる秘策でもあり、もう一つとってもいいことがあるんです。(^_^)
 普通作では、トマトは主枝だけを残し、1本仕立てにしますよね。でも我家では、2本のワキ芽を残し、3本仕立てにします。しかし昨年までのように主枝を残して3本にすると、主枝の成長が優先される為に、最初は、主枝だけの収穫となり、後の2本のワキ芽からの収穫開始が遅れてしまいます。そこで主枝の成長点を早い時期に摘み取ってやると、ワキ芽の成長が、早くなります。ワキ芽は皆一斉に大きくなる為、良いワキ芽3本で3本仕立てにする事にした訳です。収穫開始は少し遅れますが、3本同時に収穫が始まる為、結局こちらの方が、お得になる訳であります。
       「損して、得とれ」と言う所でありましょうか。(^_^)
 7月8日   どうにか終わりました。
 今年は、消防団の操法大会の選手に選ばれておりまして、約1ヶ月ほど前から、毎日朝練を続け、その成果を問われる日が、今日だったわけであります。お陰様で昨日7日に無事50歳を迎えました体に、毎日の練習での全力疾走は、なかなか辛い物がありまして、気力体力共に、もうそろそろ限界に来ていたわけで、結果はともかく、
          やっと終わった〜ヽ(^o^)丿 って、感じです。
 結果については、来年に期待しましょう。え、来年もやるのかよ〜(T_T)
 7月2日   収穫終了致しました。
 またもやちょっとご無沙汰になってしまいました。m(__)m

6月一杯ですべての収穫を終了し、今は次の苗の植え付け準備の真っ最中です。梅雨空が続く為、ハウスの中も暑くなく、仕事もはかどります。(^^♪ 重労働担当の私は、ちょっとバテ気味。でも後1週間で峠越えです。頑張らねば!
 左は14日の播種苗で、右は、26日に蒔いた苗。芽が出始めた所です。皆出方が違い、個性的でしょう。こちらも梅雨空の影響もなく、順調に生育しています。
 6月14日  次作開始
 今日は、種まきです。約半分のハウス分で、2000本ほどの苗を作ります。今日蒔くとおのずと定植日が決まり、7月4日〜6日。何だか、背中に火がついたようで、気ぜわしくなってきます。
 トマトの種、いくら位だと思いますか?直径1ミリくらいの種が、1個約20円。1個のトマトに100粒入っていたとすると、1個2000円になります! 昔から農業では、種屋が1番、苗屋が2番、そして我々生産者が1番儲からないと言われています。(T_T)
 6月12日 先輩の死
 3日前、地元消防団の先輩が、53歳の若さで急に亡くなりました。大変面倒みが良く、人望も厚く、皆から慕われる方だっただけに、残念でなりません。私の良き人生の相談相手でもありましたし、一緒にいるといつも楽しいひと時を過させてくださる方で、もう会えなくなってしまったかと思うと、心の中にポカンと穴が開いてしまったような感じです。
 死因は、動脈瘤乖離。生前は、人生の多くを学ばせて頂きましたし、死して、健康の尊さを教え込まれた感じがします。
心より、ご冥福をお祈りします。
 6月8日 豪雨で考える事
 今日の2時頃でした。雷と共に物凄い豪雨が、やってきました。私の記憶には、こんな集中豪雨はありません。見る見るうちに、排水は満杯になり、辺り一面水浸し。連棟ハウスの谷は、雨樋が満杯になって、水が内部に浸入してきて、水浸し状態。(T_T)/~~~ 後5分続いたら、床下浸水だったでしょう。
 6月にこんなに雷がなって豪雨になるなんて、やっぱり変です。地球温暖化の表れなんでしょうね。
 サミットでは各国の思惑ばかりが先走りして、大した成果も上がらず閉幕となってしまいました。こんな事でいいのでしょうか?温暖化は、予想をはるかに上回る速さで進んでいるように思います。まずは地球に住む人間一人一人が現実を自覚し、自分で出来る省エネから推し進めていかなければと、強く思うのでありました。
 6月5日 出来上がりました。
以前  腰痛の原因、解消できました。(^_^) 上以前と、現在下です。
手前にトマト箱を置くと、トマトが遠くにあり、腰を曲げて手を伸ばします。しかし改造後では、箱が上の棚にいってしまい、腰を曲げなくても、トマトに手が届きます。毎日何千回と、おじぎをしていたんですから、お陰で腰の塩梅も、かなり良くなりました。(^^♪ 
改造後
 6月4日 腰痛対策

 これ、何だかわかりますか?50才間近ともなると、毎年この時期には、体にガタがきてしまい今年は、腰痛に悩まされています。(T_T) その腰痛対策として、私が書いた図面です。でも、出来上がらないと何だかわかりませんよね。(^_^)    
 実はこれ、2日の朝に書いて出したら、2日の午前中にもう出来上がってしまいました。(現在息子が勤めている会社なので、優遇されました。感謝です)後は、私が取り付け調整をするだけ。今日中には完成予定です。(^^♪
 6月2日 大変ご無沙汰してしまいました。m(__)m
1ヶ月半もご無沙汰してしまいました。m(__)m
いい訳をちょっと。
4月後半から、急に収穫量が増えて繁忙期に入ってしまいました。
忙しさにかまけて、なかなか写真を撮る心の余裕が見つからず
そうなるとなかなか日記を書く気にもならず、
しばらく書かないと、なお更、もうちょっといいかな?
なんて、甘えも出たりで、申し訳ありません。
改心して又お知らせしますので、お付き合い、よろしくお願い致します。m(__)m
 現在のトマトの様子です。上でUターンして2房ほど下に向かってついた状態です。(確認し辛い方は、画像クリックでどうぞ)
 5月にはいると繁忙期で、誘引作業がなかなか出来なくなります。
そのため、トマトの先端が重さでぶらりと下がってしまいます。昨年までは、慌てて元に戻していたのですが、曲がった茎のところで、水分が思うようにいかなくなって、萎れてしまいます。曲がったままだと、萎れないんで、思い切って皆曲げて、少しの間、誘引作業をサボる事にしました。
 これ、一石二鳥の効果が有りました。(^_^) 誘引作業が楽な上に、トマトの高温障害を軽減出来ました。ハウスの中は、ほとんど無風の為、上へ行くほど、暑くなります。そのため、しゃがんで作業していると、涼しくても、立ち上がると頭がとても暑い事が、しばしば感じられます。
 茎を曲げた事で、トマトの高さが抑えられるのと、最終果が低い所に付く為、暑くなりません。 このお陰で、今年はかなり高温障害のトマトが抑えられました。(^_^)
トップヘ
〒932-0806   富山県小矢部市水落70番地1 (有)ひかりファーム
tel & Fax : 0766-67-1786
 問合せメール
Copyright(C) 2001-2004 HIKARI FARM All rights reservd