トマト日記2007年8月〜                              トマトを通して、笑顔をお届けします!  
  日々の出来事を、私の独断と偏見で紹介していきます。  
2007年 5月6月 3月4月 1月2月
2006年 11月12月 9月10月 7月9月 5月6月 3月4月 1月2月
2005年 11月12月 9月10月 .7月8月 5月6月 3月4月 1月2月
2004年 .9月〜12月
 10月30日   トマトの価格
 お見せしているのは、今日の富山市場のトマト1キロ当りの卸売り価格です。フルーツトマトじゃなく、普通のトマトが1キロ866円だなんて、私は見たことがありません。(@_@;)それくらい今、トマトが品不足なんです。
 通常ですと今は、九州からのトマトが主流となる時期なのですが、今年は、それがほとんど無いんだそうです。
 九州地方のトマト産地では、黄化葉巻病が流行しており、その媒介となる害虫(シルバーリーフ粉シラミ)の活動が落ち着く(8月一杯)まで、トマトの植え付けを自粛するよう定めらているそうです。なので9月から一斉に植え付けが始まるんですが、猛暑の影響で実がつかなかったり、9月も暑い為にコナジラミの活動が活発で、病気が再発したりで、九州産地からの入荷がほとんど無いんだそうです。この病気、発生していないのは雪国だけで、今年は、関東でも被害がかなり出ているそうです。
 貴重なトマトとなっております。大事に食べましょう。
 10月22日   収穫の秋、おすそ分けします。
猿が木に登っている。なんて、言わないで下さいよ。 表面の渦巻模様が、美味しい水島柿の証しです。
 我家の水島柿、色付き始めました。今年は、暑かった夏の影響でしょうか?収量も少なめ、こつぶになっていますが、とっても甘い柿になっています。
 トマトをお買い頂いていお客様でご希望の方に、おすそ分けしたいと思います。
先着5名様にお一人様約1.5キロを、送料のみご負担頂ければ、お送りいたします。ご応募は、メールにてお願い致します。
 10月21日  備えあれば愁い無し
 昨日は一日冷たい雨模様で、ハラハラしていましたが、何とか晴れてくれました。(^_^)
「震度6強の地震が発生!」との想定で、地域住民防災訓練が行われました。バケツリレーに始まり、地元消防の一斉放水、倒壊家屋からの救助作業に防災へリまで駆けつけ、何だかデモンストレーション的色合いも濃いような気もしましたが、沢山の住民参加を得て、少なからず防災に対する意識を再認識して頂けたんじゃないかと思います。
 近年は、両お隣の県で地震が発生していますし、災害は、必ずやってきますからね。
 10月12日  コスモス
 我家から30分位でいける夢の平スキー場、今はコスモスが満開だということで、仕事の手を止め、見に行ってきました。(^_^)
 ちょうどついた頃に晴れてくれて、とっても清々しい一時を過せました。
今日は私たち夫婦の22回目の結婚記念日でありまして、こんなんで許して頂いたのでありました。

         もーちょっと見たい方は、こちらをどうぞ。
 10月3日  気持ちの良い秋晴れでした。(^_^)
ばあちゃん、手で摘み取ったシソの実です。  朝から、とっても清々しい秋晴れの一日でした。こんな日はばあちゃん、忙しそう。まずは軒先にいろんな物を広げて、干しだします。その後、里芋の収穫。夕方には、大根や白菜に追肥を施していました。
 ばあちゃん菜園のお陰で、今は大根のすぐり菜がとっても美味しいし、シソの実の醤油漬が、新米にかけるとたまらんのであります。明日は、里芋が食べられるんだろうな〜。何を食べても、美味しくて困ってしまいます。食欲の秋、皆さんも食べすぎに、注意してくださいね。(^_^)
 9月25日 中秋の名月
 彼岸が過ぎ、やっと秋らしい天候になってきました。お陰様で、今年の稲刈りも無事に終わり、回りの農家は、ホッと胸をなでおろしている所です。我家はと言いますと、これからが本番と言うところでしょうか。(^_^)
 涼しくなった秋の夜長が、少しづつトマトの味を良くしてくれているようです。
 9月20日  収穫の秋です。
 真夏のような暑さが続いています。(T_T) でも収穫の秋は、ちゃんとやってきています。今日は我家の田んぼの稲刈りです。(^_^) 上田組合長に刈って頂きました。後2〜3日でこの新米コシヒカリ、お届けできると思います。お求め安い価格へと価格も改正しました。沢山のご利用、お待ちしております。m(__)m
 9月11日 お待たせいたしました。
 お待たせいたしました。収穫が、始まりました。(^_^)
とは言え、あまり喜べないんです。今年の猛暑、トマト達にとっても辛かったらしく、実のつき具合がよくありません。特に、8月15日前後からの2週間の花に実の付が悪く、継続した安定収量が望めない状況です。発送に際し、お待ちいただくことになる場合が出ると思います。どうか御了承下さい。
 又、今シーズンより価格を改定させて頂く事と相成りました。
詳しくはこちらをごらん頂き、ご理解ご協力のほど、宜しくお願い致します。
 9月7日 台風お見舞い
 台風9号、皆様の所は被害がありませんでしたか?こちらは、多少雨風が強い程度で、被害なく済みました。
 これから1ヶ月あまり、もっとも台風の進路が気になる季節となってきました。何とか最小限の被害で済む年になって欲しいと、願うばかりです。
 9月5日  各所で秋祭り
 9月始めは、今日はあっちで明日はあそこと言うように、各地で秋祭りが繰り広げられています。その度に私は、ドカンドカンと、花火を上げて飛び回っていると言う訳であります。今日は、ピークで11発も上げちゃいました。でも上げてしまうと又次の場所に行かなければならないので、上げた後に繰り広げられる獅子舞が、なかなか見られません。(T_T) 良い機会があれば、ご紹介しようと思うのですが・・・。
 「そんな事はどうでもいい!トマトは、どうなっているんだ?」って、聞こえてきそうですね。この所、曇天が続いているためでしょうか、少し遅れています。こちらのご報告も、もう少々お待ち下さい。m(__)m
 9月3日  お祝いが届けられました
 母が88才を迎えるということで、市役所よりお祝いの賞状と記念品が届けられました。連絡が来た時は、「どうしよう。そんなもん、いらん、いらん」なんて言っていましたが、届けられるとやっぱり嬉しそうでした。(^^♪
 母は、今も家庭菜園を担ってくれていますし、同年代の方々の中では、大変元気な方だと思います。今度は、百歳のお祝いが届けられるよう、元気に長生きしてほしいものだと、願うのであります。(息子の心配が、長生きの秘訣。なんちゃったりしてm(__)m)
 8月21日 残暑お見舞い申し上げます。
伸びが速いため、ちょっとひょろひょろです。  全国から猛暑の知らせが届けられていますが、富山もやっぱり暑いです。(T_T)/~~~ 今日も35度を越える予報が出ています。
 「トマトの方は、大丈夫か」って。ハイ、何とか・・・・暑さの割には、上手く生育しているんじゃないかと。
 暑いとトマトは、ドンドン伸びるのが早くなっていくんです。お陰でミニトマトは、ごらんの通り。赤い実も、ちらほら取れ始めました。そんな訳で、暑いハウス内で、連日誘引作業に追われておると言うわけです。
 と言いましてもハウスの中は、それほど暑いわけではありません。
科学の進化と申しましょうか、、夏はハウス内を涼しく、冬は暖かく保温すると言う、一石二鳥の優れものカーテンがあるのです。
 このカーテン、夏は光の透過率を50パーセントまで和らげ、光と熱を反射してくれる為、ハウス内での作業が、とても楽になりました。冬には、夜間閉める事で保温効果が期待できると言う訳です。
ちなみに、このカーテンをしないハウス内は、あっという間に40度以上になって、ハウス内にいる事すら出来ません。
少しだけカーテンを開けて、熱い空気を逃がします。 遮光カーテンを閉める事で、炎天下よりも涼しいが、日陰よりも暑いと言う感じです。
 本来ならば、夏場のギラギラする太陽をトマト達に思いっきり浴びせてやりたい所なのですが、トマト達も、この暑さには耐えられず、降参なのであります。
 トマトは南米の高地が原産の為、25度以下のギラギラ太陽が大好きと言う贅沢な植物で、日本の高温多湿が大嫌いなのであります。
アルミが、熱と光を反射してくれます。
 8月5日  暑中お見舞い申し上げます。
 富山は、8月早々フェーン現象が続き、3日連続で日本一の気温を記録してしまいました。(T_T) その後も暑い日が続き、トマトも辛そうです。
暑いと人間はハウス外へ退散出来ますが、トマト達はそうは行きませんからね。 そこで夏バテ予防にと、葉面散布剤をかけてやります。(中味は、カルシューム剤パフォームCaとアミノ酸ペンタキープです。)トマト達が「かけてくれ!」って叫んでいる様で、かけてやるととっても気持ちよさそうに見えるんですよね。
 人間様の夏バテ予防の方はは、一に昼寝、二に冷たいビールと枝豆と言うところでしょうか。(^_^)
トップヘ
〒932-0806   富山県小矢部市水落70番地1 (有)ひかりファーム
tel & Fax : 0766-67-1786
 問合せメール
Copyright(C) 2001-2004 HIKARI FARM All rights reservd