トマト日記2005年3月〜                トマトを通して、笑顔をお届けします!  
 日々の出来事を、私の独断と偏見で紹介していきます。 
2005年1月2月 2004年9月から12月まで
2004年8月まで

 4月30日 嬉しいお知らせ
 私たちのトマトを使って頂いているフランス料理のお店、ラ・テューリップの中村さんが、深層水トマトジャムを作ってくださいました。
 調理法や砂糖に工夫を凝らし、納得の味に仕上がったとのこと。早速試食させて頂きました。
 トマトの甘〜い香りが凝縮され、程よい酸味と絶妙にマッチし、あとを引くたまらない味に仕上がっていました。(^^♪
 中村さんも、是非売らせて欲しいと自信満々。シールも発注されたとか。もちろん、私たちのページでも近々販売いたします。お楽しみに!
 4月28日 山菜、いただきました。
サラダや天ぷらが美味しい、コゴミゼンマイ  こごみぜんまい、いただきました。去年は4月19日にもらったのですが、今年は、約10日遅れ。桜が遅れたように、山菜の出方も遅れているようです。
 私は自分ではまったく取に行かないのですが、ワラビはあの人、竹の子は、あの人と皆、持ってきてくれます。山菜が大好物の私としては、うれしい限りです。(^_^)
  これからしばらく山菜で、美味しいお酒がいただけます。m(__)m
 4月24日 石動曳山祭り
 4月23〜24日は、小矢部市の旧石動町(いするぎと読みます)曳山祭りです。土日になったことと、晴天に恵まれ、沢山の人でにぎわっていました。こんな活気にあふれた町並みを見るのは、久々のことです。このお祭りは、250年の伝統を持ち、11の各町内から曳山が出され、町中をねり歩きます。
 曳山のきしむ音、笛や太鼓の音、そしてカーブに差し掛かったときの男たちの勇壮な掛け声が、心を奮い立たせてくれます。
        詳しい祭りの様子は、こちらをご覧ください。
 4月23日 田んぼの話
冷たく澄み切った雪解け水が、田にひかれます。  田んぼに水が、入り始めました。ゴールデンウィークに田植えをしようとすると、今日くらいから入れ始めて準備しないと間に合いません。 
 富山県地方では、美味しいお米を作るため、去年からゴールデンウィークの田植えをやめて、15日前後にするよう指導されています。とは言う物の、兼業農家が多いため、どうしてもゴールデンウィーク中に済ませてしまいたい農家が少なくありません。兼業農家では、美味しいお米作りよりお勤めが優先になります。世知辛い世の中なんで、仕方ないですが。(T_T)
 「お前は、どうなんだ?」て〜。ご安心ください。水落営農組合では、指導通り、遅くに田植えを開始いたします。お客様あっての、米作りですからね!

 今日は、すがすがしいとても良い天気でした。遠方からトマトを買いにこられるお客様も、数人いらっしゃいました。あり難い事です。感謝、感謝。
 4月14日 チューリップ、咲きました。
 このチューリップ、どこで咲いていると思いますか?実はハウスの入口付近の片隅に咲いています。11年前に建てたハウスになりますが、この入口付近は花壇跡。球根が残っていたようです。元は1本でしたが、今は4本にまで増えてくれました。
 植え変える事もなく、何にもしてやっていないのですが、毎年けなげに咲き続けてくれます。ハウス内のせいか、露地物より1週間ほど早いようです。これからお隣の砺波では、チューリップが見ごろを迎えます。(^_^)
 4月13日 苗だし・荒耕
 朝5時半集合!皆でハウスに苗をならべます。種まきから3日、30度に加温された種たちは、ちょうど良い具合に芽が出ています。ハウス内が曇って見えるのは、苗が暖かいので湯気が出るためです。
皆、出勤前の仕事なので手際よく済ませます。でも結構腰が痛くなります。(T_T)
苗だしが終わると、トラクターに乗り込み荒耕です。今日は、私の当番日。「なんか、変なところから起こしていないか?」て、そうなんです。トラクターに乗るのも、結構ワザがあるんです。荒耕の場合、トラクターのタイヤ跡を残さず、きれいに起こすのがコツなんです。 コツはここです。
 荒耕をしていると、土の中の虫を食べようと鳥たちが寄ってきます。大きなサギは、野鼠までつかまえて飲み込んでいました。
 4月10日 種まき始まる
 今年の稲作も今日からが、本格的なスタートです。今日は2000枚ほど蒔きました。ほとんど機械化されているので、動き出すとスムーズなのですが、動き出すまでが大変。「ここどうするがやったいや?あれ、うまいこと動かんぞ!」の連続。1年に1度の仕事で、皆忘れてしまい、わいわいがやがや。調整に1時間半もかかってしまいました。(ーー;)
 4月4日 息子の入社(オダケホーム)
 4月1日に入社式を終え、今日から本格的に作業するみたいです。新品の作業服で出社していきました。やる事見る事すべてが新鮮で、結構やる気を出して取り組んでいるようです。どうなることかと心配していましたが、幸先はよさそうです。まだまだこれからが問題なんですが。(ーー;)
 4月3日 春季演習
 ご無沙汰で、スミマセンm(__)m
書こう書こうと思っているのですが、写真を撮り忘れてしまい書けずに終わることが多々。今日は何とか携帯写真でのご報告です。
 私は、以前にもお伝えしていますが地元の消防団員。今日は、春季の演習がありました。あいにくの冷たい風が吹く天候でしたが、一斉放水、分団行進、春の表彰式と行われました。表彰式では沢山の方が表彰されたのですが、風が強く寒くて寒くて凍えそう。内心早く終われとばかり思っていました。ちなみに私も優良機関員と言うことで表彰されました。今年は表彰されることが多いです。(^_^)
 3月17日  雑草退治
 可憐な白い花、実はハウスの中に生えた雑草です。ハウス内は環境が良いので、雑草達も喜んで生えてきます。(ーー;)
 でもこの雑草達、ほおって置くと、害虫を呼び寄せたり、害虫のすみかになってしまいます。今日は、害虫が騒ぎ出さないうちにと、ハウス内の雑草退治をしました。去年までは、妻がやってくれたんですが、今年からは私の仕事になってしまいました。(T_T)
 と言うのは、妻は、大の蛇ぎらい。去年草取りをしていて出てきちゃったんです。ニョロッと小さいやつが。たぶんもぐらの穴から侵入してきたのだと思います。それ以来、二度とやりたくないと言っています。
 3月14日 またもや雪
ドッサリ積もったハウスの雪
我家の庭の紅梅
 すっかり消えてしまった雪が、朝起きるとまたもやドッサリ。(T_T)
積雪20センチくらい。3月半ばとしては、珍しく積もりました。咲き始めた庭の紅梅も、雪をかぶって冷たそう。でも9時くらいから晴れ渡り、夕方までには、ほとんど消えてくれました。(^_^)
 三寒四温。明日からは、徐々に暖かくなると言っています。
 3月11日  看板
 作業所前があまりにも殺風景で、知る人ぞ知る直売所という感じだったので、ちょっとデコレーションしてみました。すこしは良くなったかな?
 直売は、量り売り。お好きなだけ割安価格にて、提供しています。
 ご来店、お待ちしていま〜す。
 3月10日 新入り
 我家に新入りの機械がやってきました。栽培面積も大きくなり、手作業防除では、どうしても適期にすべて防除出来なくなってきたため、新型の防除機の導入を決めました。
 私たちは、適期を逃さず防除することが、1番の農薬散布回数を減らす秘訣だと考えています。又最近は、いろいろな栄養素を葉面散布することで品質の向上を図っています。
 この機械のおかげで約2倍の効率化となりました。今日は、春先からの発生が危惧される灰色カビ病の予防のため、アミスターを散布しました。
 3月9日  フキノトウ
 だいぶ雪も溶け、もうそろそろだろうと稲葉山まで妻と二人でフキノトウを取に行ってきました。往復1時間あまりの成果はご覧の通り。フキノトウみそと天ぷらでいただきます。(^^♪ 
 私はゴウヤやフキノトウなど、ほろ苦い物が大好き。子供たちは嫌がりますが、このほろ苦さが大人の味なんですよね。
 3月4日  テレビ放送
 昨日、地元のチューリップテレビさんの取材を受けました。富山県が推進している深層水利用で、ユニークなベンチャー企業の紹介だそうです。
 夕方6時からの地元ニュースのコナーで紹介されました。写真は、深層水トマトと普通のトマトの断面の違いを撮影してもらっている所です。放送は、4分くらい。あっと言う間に終わっちゃいました。
トップヘ
〒932-0806   富山県小矢部市水落70番地1 (有)ひかりファーム
tel & Fax : 0766-67-1786
 問合せメール
Copyright(C) 2001-2004 HIKARI FARM All rights reservd