写真

トマト

nikotoma5.13 004.jpg

季節によって、トマトの形が違います。

 我が家のフルーツトマトは、桃太郎ファイトと言う品種1種類のみなのですが、季節により形が違う場合があります。

これは、ハチによる交配トマトとホルモン処理により結実したトマトが有るからです。

北陸の冬場は、日差しが少ないためにハウス内の温度が低く、花粉の出が悪くなるので、ハチが飛ばずホルモン処理により結実させます

日差しが強くなる2月後半には花粉が出始めるので、ハチを導入して交配させるようになります。

ホルモン処理のトマトは、種が無く少しとがった形となり、.ハ八交配のトマトは、種があり丸い形になります。

味の変化をお楽しみください。

 

2020-01-15 16:09:21
DSC_0023.JPG

トマトの交配を行う働き者!マルハナバチです。

国産のマルハナバチで交配を行っています。マルハナバチは、幼虫の餌が花粉なので、働きバチはせっせと花粉を集めに

ハウス内を飛び回ります。北陸土着のハチなので、環境にもとっても安全です。

2020-01-15 16:33:48
DSCN0018.JPG

産毛のはえたトマトは、美味しいです。(^^♪

フルーツトマトは、水を極力あたえないで栽培するので、実にびっしりと産毛が生えます。

産毛で、周りの水分を吸収しようとするためです。何とけなげな、トマト達でしょう。

 

2020-01-15 16:39:55
1