インフォメーション

2021 / 11 / 30  05:15

最盛期がやってきました。

最盛期がやってきました。

11月になって、日差しが弱くなり、寒くなってきた影響から色付きが遅れ、

なかなか収穫量が伸びずに悩んでいましたが、2~3日前から急に収穫量が

伸びてきました。

外は、初霜が下りたというのに今日は、5月の最盛期のハウスの中と全く同じ感じ。

DSC_8479s.JPG

 今日から冬の最盛期突入です。

DSC_8484s.JPG

ゆっくり実っていますので、旨味も加わり美味しくなってきました。(^^♪

今日から期間限定ではありますが、お得訳ありB品販売も致します。

消費のご協力、ぜひお願いいたします。m(__)m

2021 / 10 / 31  19:06

2キロ箱を、追加いたしました。(^^♪

2キロ箱を、追加いたしました。(^^♪

本日より、2キロ箱を新たに追加いたしました。

「1.2キロでは物足りない。でも3キロでは多すぎる。」と言うお客様の声にお答えし、

新たに販売開始いたしますので、どうぞご利用ください。m(__)m

2021/10/31

2021 / 10 / 24  20:17

深層水トマト、受付開始です。

深層水トマト、受付開始です。

お待たせいたしました。

深層水トマトのご注文、受付を開始いたします。

秋のトマトは大変割れやすく、そして完熟するまで木に置こうとしても、

青い内に木から外れて落ちてしまいます。

なので下写真の色で収穫し、1~2日追熟させてからお届けいたします。

DSC_8412s.JPG

 

落ちると、打ち身で割れが大きく開き、中から汁が出てくるので、全く商品になりません。

なぜ青い内に落ちてしまうのか?

夏場は夜の温度も高く、葉からの蒸散が夜も続きますが、秋になり夜温が下がると

夜の蒸散がストップしてしまうので、実の内圧が高まり割れにつながるようです。

そして秋のトマトは、酸味が強い傾向が有ります。

商品到着後も5日程度常温で保存し、追熟させてください。

酸味が和らいで、甘さが浮かび上がってきます。

その後冷蔵庫にお入れ頂けば、大丈夫です。

最初から甘さが際立つトマトをご希望の場合は、11月25日以降のご注文をお勧めいたします。

その頃になれば、寒さにトマトの木もなれて青く摘む事もなくなるため、完熟でお届けできますので

今より酸味の少ない状態でお届けできます。

薄味トマトにうんざりしている方々のご注文、お待ちしています。(^^♪

 

2021 / 10 / 05  17:02

訳あり深層水トマト、先行販売スタートです。(^^♪

訳あり深層水トマト、先行販売スタートです。(^^♪

深層水トマトの訳アリ品を、先行販売いたします。

訳あり内容は、頭に傷があります。

暑い夏も、しっかりと水を切りながら濃い味に育った証が頭の傷として現れます。

中身は何ともありませんので、ご安心ください。

糖度計で測ると8度以上となりますが、さほど甘くは感じません。

これは暑い夏を乗り越えて育ったために、旨味を十分に蓄えていないからです。

これから涼しさが続いてくると、旨味を徐々に蓄えて、美味しく甘く感じるようになります。

それでも例年スタート当初は、8度を超えないので、今年は美味しく育っています。(^^♪ 例年より結構、夏涼しかったですから。

ということで、薄味トマト達にうんざりしている方にお勧めいたします。

今の時期の最高のトマトと、自信をもってお勧めいたします。

ご注文は、こちらから

 

 

 

2021 / 01 / 10  17:12

3年ぶりの豪雪となっております。

DSC_0492.JPG

2日間で1メートル以上の積雪となってしまいました。

9829 (2).jpg

車も動かず一日陸の孤島状態で、トマトの発送も再開のめどが立ちません。m(__)m

DSC_0500.JPG

一日ハウスの掘り起こしに明け暮れました。

実は、当初は融雪の設備が整っていたのですが、徐々に雪が積もらなくなってきたために

融雪装置も使う機会が少なくなってきて、老朽化がっ進み使えなくなっていたのです。

3年前の豪雪でも使えなかったのですが、温暖化も進みもうこれで降らないだろうと、

高をくくっていたのです。

温暖化により、日本海の海水温が高いことが今回の豪雪の原因だときいて、

今後も豪雪は、続く可能性が強くなってきました。

全てのハウスの融雪装置の更新を決断する冬となりました。

トマトの到着を心待ちにされているお客様には、どうか今しばらくお待ちくださいますよう

お願いいたします。また今後も道路の状態が大変悪く、トマトの荷姿に異常をきたす可能性があります。

そのような時には、遠慮せずご連絡ください。m(__)m

1 2